カテゴリ:アレク ヘルス( 34 )

まさかの腸閉塞

4月6日の夜アレクが突然吐き出しました。

フードを変えてから便の調子も良くほとんど吐くことがなくなったアレク。
久しぶりの嘔吐にビックリしちゃってどうしたんだろう?と思いました。
そしてすぐに又嘔吐。
でも嘔吐したせいかお腹が空いたらしく頂戴攻撃^^;
お腹空いてるせいのかな?と思いフードを少しあげたら又嘔吐。
何もあげないほうが良いと思い様子を見ました。
すると又嘔吐。最初は固形物の嘔吐でしたが胃の中が空になったのか
白っぽい泡交じりの嘔吐に変わりました。
これは普通じゃないと思い24時間診療の病院へ電話しました。
この時点で夜中の2時ごろでした。
症状を説明すると様子を見ながら翌日まで嘔吐が続くようだったら病院へとの事だったので
翌日ならばかかりつけへ行こうと思いそのまま寝る事にしました。
でも1時間くらいすると又嘔吐(/_;)
元気がないわけではないのですが目で訴えかけるので周りを見るとなんとおおっきな💩が!
トイレに行きたかったのかな?と思い夜中の3時でしたがお散歩に行ってみました。
お散歩中にも一度嘔吐しましたが💩もして帰りました。
特に下痢でもなく普通の良い💩でした。
幸い翌日は仕事が半日なので心配ながらも午後一番にかかりつの病院へ行きました。


e0227996_21211572.jpg

症状をお話しすると先生は膵炎か触ると痛がることからもしかしたら腸閉塞かもと。
えっ?!
何か誤飲したとか覚えがない?と聞かれ・・・。
嘔吐するまでの夜中の12時ごろまでずっと上の写真(たまたま撮っていた)のように寝ていたので
何か食べたと言えばこの後起きて頂戴攻撃してきた時にあげたささみジャーキーくらいでした。
でも見ていないところで何か口にいれたかもしれないし100%ないとは言えないですよね^^;
しかも膵炎もこの間の血液検査でなんでもなかったのに急に膵炎とかあるのかなと疑問でした。
取りあえずすぐに血液検査をして膵炎の疑いの数値を調べることにしました。
結果はシロ。
腸閉塞の疑いが濃厚になりレントゲンを撮ることになりました。
すると1㎝×0.6㎝の何かがありそうと。
1㎝×0.6㎝?!そんな小さいものが詰まるの???と思い
やっぱりささみジャーキーしか思い当たりませんでした。ちょうどはしっこの固いところだったんです(/_;)

バリウム検査をすることになりそのまま入院する事になりました。
バリウム検査の結果次第では開腹手術になるかもしれないのと腸閉塞は死亡率も高いので
家に帰って来ても不安でいっぱいでした。
こんな時だんなさんは何の根拠もなく大丈夫としか言わないのです(•̀௦•́)و ̑̑
翌日、日曜日に朝一番に病院へ行くと点滴の留置針が差したままのアレクが(涙)
こういう時アレクは恋しがったりしないのです^^;
どちらかと言うと怒ってる?的な顔なんです(/_;)

先生から最初バリウムがなかなか流れず詰まっていたらしいのですがさらにバリウムを注入したら流れ始めたようです。レントゲンを見ながら説明してくださいました。
バリウムは重いので一緒に流れて出てくる場合もあるそうです。
このままいけば開腹手術はしないで済みそうと運がいいと言って頂きました!
でも運がいいと言っても運悪く固い小さなものが消化されず胃から腸に流れてしまったのだから差し引きゼロだねとだんなさんと言ってました(苦笑)
アレクにとって2度目の入院。
やはりごはんを食べないようで先生が夜中に散歩に連れ出してくれたそうなのですが一歩も動かず散歩も拒否したらしいです^^;
完全拒否!状態のアレクさんだったようです。
なので先生がお散歩して来ていいですよと言って下さりしばしだんなさんと一緒に病院まわりを散歩しました。
なんとかバリウムまじりの💩をしてチッコもいっぱい出してスッキリしたアレクさんになりました(笑)
このままいけば明日には退院できると言われ無事に月曜日に退院しました。

月曜日にお迎えにいくと先生から点滴の留置針を自分で取ってしまうほど元気になりましたよと(゚∀゚)!
アレクさんはなかなか手のかかる入院患者のようでした^^;
先生すいませんでした(≧▽≦)
腸閉塞は初期症状を見落として治療や手術が遅れると閉塞した腸の血行が悪くなり腸管が壊死して死に至ることもあるそうです。
先生の診断と対応で早く処置が出来て本当に良かったです。
開腹したわけではないので実際何が詰まってしまったかはわからないのですが
恐らく固いジャーキーが原因だと思います。
アレクは体の割に腸が細いらしいのです。
まさかこんなことになるとは思ってもなかったので固いものは注意が必要ですね。
皆さんんもどうぞ気を付けて下さいね。






[PR]
by Alextamazoo | 2018-05-10 22:10 | アレク ヘルス

春の健康診断2018

春の健康診断2018です。

アレクはフィラリアの陽性検査をする際に毎年血液検査を一緒に受けています。
昨年の手術後から激太りのアレクさん(+_+)
先生から春の健康診断では何かしら出る可能性があるから痩せるように言われていました^^;
術後の激太り体重は4.62キロ。
あれから涙ぐましい努力の甲斐あって(笑)この日の体重は4.30キロ!
少しづつですが痩せてきています(•̀௦•́)و ̑̑

フィラリア検査は今年も無事陰性!(結果を待つまでドキドキタイムです)
そして後日送られてくる血液検査。
結果は・・・
e0227996_00454637.jpg

まさかのほぼ異常なし!
無機リンが若干低めですが先生から検査上の誤差だそうで腎臓などが異常がないのでOkとの事でした。
PLTが低いのも採決の時の凝固なので心配なし。
HBの血液濃縮も心配ないとの診断でした。
体重増加でコレステロールや中性脂肪や肝臓の値が心配でしたが思いのほか低くてびっくり!
おやつ制限して頑張った甲斐がありました(涙)
ただ体重はまだまだ痩せないといけないので引き続き気を引き締めて頑張っていきたいと思います(•̀௦•́)و ̑̑

と、喜んでいた矢先にまさかの事態でアレクさん2泊3日の緊急入院をして来ました(T_T)



[PR]
by Alextamazoo | 2018-04-24 01:08 | アレク ヘルス

前十字靭帯断裂及び膝蓋骨内方脱臼 術後85日リハビリ終了

術後85日。
手術をして頂いた病院での治療・リハビリが終了しました。
e0227996_22333141.jpg
紆余曲折ありましたが手術前はこんな風に曲がっていた右後ろ脚も
e0227996_22364492.jpg
綺麗に曲がるようになり
e0227996_22365042.jpg
美しいダウンドッグのポーズもキマりました☆
e0227996_22365551.jpg
そして心配していた保険請求も去勢手術費用以外はすべて該当され8割返還されました。
e0227996_22370758.jpg
かなりの高額の費用だった為戻って来なかったらどうしようかと思いましたが
ひと安心(笑)
e0227996_22371324.jpg
ここでちょこっと保険のお話し。
以前購入した東洋経済にも出ていましたが保険会社によって補償内容や保険料も様々な様です。
e0227996_22371816.jpg
アレクはペットショップで引き取りと同時に加入したP社の保険でした。
あまりメジャーではないので大丈夫かな^^?と心配だったので数年経ってから
大手のA社に乗り換えようかなと思いいろいろ調べたのですが
保険料が高額な割に補償内容が今のP社より劣るのでP社を継続することに決めました。
今回の手術をしたことでいろいろネットで調べると
保険会社によって細かい特約や規約などがあって保険金が出ないケースなどトラブルもたくさんあるようです。
保険の規約って本当に難しくてわかりずらいですよね。
ペット保険契約は基本1年契約であり、補償内容が変更される場合があるそうなのです。
高額な保険料が支払われると翌年の契約で免責事項として特定の疾病を補償対象外にされたり、
契約の継続自体を断られるケースもあるようです。
些細な事でもすぐに病院へ駆け込んでしまう我が家にはやはり保険は強い味方。
今のところP社の保険ではトラブルもなく
入っていて本当に良かったなと思っています。
これからもアレクの健康のため来年の更新はきちんと規約補償内容を確認したいと思います。



[PR]
by Alextamazoo | 2017-11-20 22:34 | アレク ヘルス

前十字靭帯断裂及び膝蓋骨内方脱臼安静~抜糸~リハビリ


退院後の1週間は絶対安静のアレクさん
基本ゲージの中で過ごすのですが
私が見ている時、ご飯の時はアレク部屋の中だけ自由にしていました。
退院した日は心配だったのでアレク部屋にお布団を敷いて一緒に寝ました。
アレクテレビ見てるみたいでしょ(笑)
e0227996_21485820.jpg

でも結局一緒に寝るとゲージに入らくなるので
翌日からはゲージINでした^^;
e0227996_22125535.jpg
もう6年くらいお外ちっこなのでお家でするかすごく心配でしたが
私たちが寝たあとや留守番の時などいない間にするらしく
きちんとトイレの上で済ましていました。(お利口さんのアレクさん♪)

e0227996_22131748.jpg


退院後の1週間はお家での投薬。お肉に巻いて飲ませていました。
入院中はほとんどごはんを食べてなかったので
胃に負担の少ない物をと思いチキンスープを作りました。
調べたところ
鶏肉は滋養強壮食材として気力や体力を向上させる食材と言われてるそうです。
なので圧力鍋に鶏手羽元と鶏むね肉を入れてホロホロにしてほぐし
弱ってしまった消化器官に働きかけるキャベツとアレクが好きなサツマイモを小さく刻んでスチームしたものをトッピングに加え
麻酔や投薬で負担のかかる肝臓と腎臓に働きかける黒胡麻もトッピングしました。
残ったスープにはいつものカリカリを入れて食べていました。
入院中の反動かものすごく食べるんです^^;

不安定ながらも一生懸命歩こうとするのでヒヤヒヤ( ;∀;)の1週間でした。

退院後1週間後に投薬はなくなり
抜糸とレントゲンとリハビリとお膝の注射とレーザー治療が開始になりました。
e0227996_22494280.jpg
水中トレッドミルでのリハビリです。
下のトレッドミルに傾斜をつけて負荷をかけたり回復状態に合わせて変えていくそうです。
この時の動画を頂いたのですがとても優しい看護師さんでアレクも頑張っていました。
先生が仰るにはアレクはこの看護師さんに一番懐いていて大好きらしいです(笑)
エリカラは舐めないようだったら外しても良いとのことで
トイレの為のお散歩もOKが出ました。
次は10日目に2回目のリハビリとお膝の注射とレーザー治療。
この頃にはお家シャンプーもトリミングの許可も下りました。
リハビリも順調との事でリハビリは2週間後、お膝の注射とレーザー治療が1週間ごとになりました。

そして早いもので術後1か月が経ちました。
お蔭様でレントゲンでも確認しましたが経過は順調のようです。
ただ気にかかるのが咳。
以前から時々気になっていたのでかかりつけの先生には相談していたのですが
様子をみましょうとの事でした。
でも退院後咳もひどくなってきているように感じていたのです。
リハビリの時の看護師さんも気になっていたようで先生に申し送りがあったようです。
お膝のレントゲンも撮ったので一緒に喉の様子も診て下さったのですが特に細くなったりもしてないとのことなのでカラーの改善で様子を見る事にしました。
あとは体重( 一一)
運動量も減ったせいもあるのですが退院してからよく食べるよく食べる(笑)
去勢したのも原因のひとつらしいのでダイエットも課題になりました^^;

少しづつ今までの生活に戻り始めたアレクとの生活。
一時は本当にどうなるかと思いましたが日に日によくなるアレクの様子に家族一同安堵しています。
ブログを見て下さる皆様、応援して下さる皆様本当にありがとうございました。

先日お散歩していたら
まぁ、ずいぶん洒落たカットね~♪
と言われたアレクさん(笑)
e0227996_00331652.jpg

そんなつるつるポンポンあんよも可愛く思えるよになりました♡
アレクさんオシャレだってー٩꒰ ˘ ³˘꒱۶~♥

e0227996_00361138.jpg

[PR]
by Alextamazoo | 2017-08-22 21:02 | アレク ヘルス

前十字靭帯断裂及び膝蓋骨内方脱臼 手術当日から退院まで

_7月21日手術当日

本当は前日の夕方にアレクを預ける予定でしたが
今までペットホテルなどに預けたことがなかったので
手術前日に知らない場所で一夜を過ごすのは不安じゃないかと思い
先生にお願いして当日の朝預けすることにしました。
朝4時に起きて一緒に散歩をしてお家で少しゆっくりしてから
だんなさんと病院へ
午前中血液検査などをして午後2時から手術に入る予定になっていました。
終わり次第私の携帯へ連絡が入るはずになっていたのですが
仕事が終わった6時になっても連絡がなく
心配でこちらから電話しました。
するとまだ終わっていなく再度終わってから連絡くれるとのこと。
そんなに時間がかかるものなのかまったくわからずどきどきが止まらず帰ることも出来ずにそのまま電話を待っていました。
午後7時半過ぎようやく連絡が。
毛を剃ったり麻酔など前準備があるそうで手術自体は3時からで4時間半の手術になったそうです。
とにかくアレクの無事を確認出来てホッとはしたものの詳細がわからずで不安なまま翌日の面会を迎えました。


_翌日面会

強い痛み止めのせいかかなりボーっとした状態
母と面会に行ったのですが誰だかわかってないほど無反応。
アレクじゃないみたいな様子に心配して
先生に尋ねると昨日の今日ですから、と。

やはり手術をするんじゃなっかたと後悔ばかり。
知らない所に連れてこられ、麻酔をかけられ、起きたら激しい痛みで歩けない。
人間だって恐怖でつぶれそうになる。
犬の一生と人間の一生は明らかに長さが違う。
このまま対処療法でも良かったんじゃないかと自責の念にかられました。

_術後2日目面会
昨日よりもしっかりした状態のように見えたけれど
変わらず泣くこともせず無反応な感じでした。
看護師さんが仰るにはゲージの中よりも面会中は落ち着いた様子でいますよ。
と言って下さり少しホッとしましたが
ただご飯は一切拒否してるのことで心配な状態です。

_術後3日からは
仕事の為面会出来ず電話で様子を伺いました。
相変わらずご飯を食べないとの事で退院が早まるかもしれないと言われ
了解を得てご飯を作って持って行くことにしました。
術後5日ぶりのごはんにアレクは狂ったように食べてました(笑)
私が席を離れた時も泣いたり、母の手をガブっとしたりいつものアレクでした♡
この日術後初めてアレクの声を聞いて本当にホッとしました(涙)

_術後6日目退院
予定通り無事に退院出来ました(嬉!)
院長先生から手術中の様子や術後の様子など伺いました。


左が手術前、右が手術後です。
インプラントが入っているのと膝蓋骨が真ん中に収まってるのがわかります。
e0227996_20512735.jpg
e0227996_20515429.jpg


















横から見た写真と関節鏡の写真。
e0227996_20543980.jpg
e0227996_20571841.jpg


















幸いにも半月板の損傷はみられなかったそうです。
手術後のレントゲンでもきちんとインプラントも収まっているのがわかります。
完全に骨が再生されくっつくのにはまだまだ時間がかかるそうです。
びびりのアレクさん・・・しっかり歩けるようになるためにしっかりリハビリをがんばりたいと思います。
最後に先生に
どうも男性スタッフが苦手なようでガウっとやられてしまいました
と、(゚∀゚)え~~お世話になった先生になんてことを(汗)
申し訳ありませんでした。

今こうやってブログを書いていられるのも先生方をはじめ看護師さん病院のスタッフの皆さん、紹介して下さったかかりつけの先生、トリマーさんそしてインスタグラムでたくさんの応援やDMを頂いた皆さんのお蔭だと思っています。
そして手術にあたりいろんな方のブログを読ませて頂きました。
皆さんとても詳しく書いていてとても参考になりました。ありがとうございました。

今もまだ手術が本当に正解だったのかは正直わかりません。
ただ無事に帰って来てくれたこと、
手術が成功したこと、
アレクが頑張った為にもしっかり歩けるようになるようサポートしていきたいと思います。



[PR]
by Alextamazoo | 2017-08-12 21:54 | アレク ヘルス

前十字靭帯断裂及び膝蓋骨内方脱臼

精密検査の日まで日にちがあったのでしばらく行けなくなるであろうと
トリミングにも行って来ました。
急だったので予約が取れなかったのですが以前お世話になった店長さんに相談したら
すぐに対応して下さりさっぱりして来ました♪
e0227996_23385778.jpg
こんなにかわいい缶も頂きました(*´ェ`*)…♥”
e0227996_23423650.jpg
今はこの中におくすりとアレクの大好きなおやつを入れて重宝しています♩
ありがとうございました♡

そして万全の準備をして挑んだ精密検査。
かかりつけの先生も思ったよりも悪いとの事でやはり手術を考えたほうがいいとの判断でした。
手術の方法としては大まかに分けると二通りあります。
1人工靭帯  
切れた靭帯を人工靭帯で補い、失った前十字靭帯の代わりをさせて膝を安定させる方法。   
多くの病院で対応可能な手術方法。
ただ人工靭帯が切れて再発の可能性もあるとの事。

2CBLO法(変形中心に基づく水平化骨切り術)
脛骨の近位にドーム状の骨切り術を実施しインプラントを装着する。
体重を荷重した際に、脛骨の前方へのスラストを打ち消すように矯正するというものです。
専門医での手術が必要で高額な費用がかかる。
こちらは再発の可能性も低く機能や治癒の回復が早いとの事。


精密検査の時点ではビビりマンのアレクなので手術はかかりつけの先生にお願いしようと決めていましたがかかりつけの病院では1の人工靭帯の手術法になります。
悩んだ結果、アレクに負担が一番ない方法は?と先生に伺ったらCBLO法の方が術後の回復が早いとの事で専門医を紹介して頂く事にしました。

幸い我が家から近い場所にありCBLO法の手術では有名な先生らしいです。
なのでお値段もネームバリューでバリュー価格らしいです(^^;;
その日のうちに紹介先の病院へ行きレントゲンを見ながら手術の説明を受けて来ました。
e0227996_23443428.jpg

初めて行く病院でアレクは終始緊張。
触診の際診察台の上で思わずチビってしまったアレクなのでした。
そのちびり方がなんだか涙のように感じて胸が苦しくなりました。
手術を決めてもやはり本当に手術をしたほうがいいのだろうか?
このまま様子を見たほうがいいのではないのだとうか?と考えてしまいます。
先生のお話ではクリック音もあることから恐らく半月板も損傷してるとのことでした。
損傷した半月板の代わりになるものはないそうで損傷している場合は損傷している部分を除去するそうです。
そして同時に以前から患っている膝蓋骨内方脱臼の手術も。
片足だけの手術だと思っていたのですが片足だけだとリハビリに耐えられなくなるそうで両足を一緒に手術することになりました。そして手術をするときは一緒にやったほうが良いと言われ続けた去勢手術もお願いすることにしました。
なんだか大手術に発展しまったアレクの手術。不安は募るばかり・・・

手術の日は7月21日に決まりました。


[PR]
by Alextamazoo | 2017-08-01 23:15 | アレク ヘルス

ハイドロセラピー体験

インスタグラムでのストーリーではご報告させて頂いたのですが
7月14日に両側膝蓋骨内方脱臼に対しての滑車造溝術(BRT)及び脛骨粗面転移術(TTT),
右前十字靭帯断裂に対してのCBLO術、去勢術の手術をしました。
今は退院してお家で安静に過ごしています。

まずは手術を決断するきっかけにもなったハイドロセラピー体験の記事を。

インスタグラムのフォロワーさんからもハイドロセラピーが膝に良いと伺っていたので
なかなか良くならないアレクのお膝の為に少し調べてみました。
そしたら家の近くにあるではないですかー!
しかも体験で1,500円!!思わずすぐに電話しちゃいました(笑)

最初は今までの足の経過などをお話ししてアレクの足の状態を見て頂きました。
アレクはビビりマンなのでなかなかリラックスした状態で足を見ることができません
まずはプールに入りながらインストラクターの先生と一緒に足の状態をチェックしながら始まりました。
e0227996_23361262.jpg
この日だんなさんはお仕事で来られず私ひとりだと何を言われたかすぐに忘れてしまうので
了解を得てビデオを撮らせて頂きました。写真もその中からの一コマです。
e0227996_2336218.jpg
ライフジャケットと首に浮き輪のようなものを装着して泳ぎます。
e0227996_23363133.jpg
優しい先生でアレクも落ち着いて泳いでいました。
e0227996_23363725.jpg
プールがガラス張りになっているので足の動きがよくわかります。
やはり右足の動きが他と違うのがシロウト目にもよくわかりました。
e0227996_23364797.jpg
アレクも頑張りました(*´ェ`*)…♥”
e0227996_23371132.jpg
体験とはいえとても丁寧に見て下さり
いろんなアドバイスをして頂きました。
かかりつけの先生が仰るようにビビリな子が手術をしても歩けない場合の例や
手術をして元気に走り回れる例など・・・。
アレクの場合ここまで悪い子はいないとのことで
手術をしてしっかりリハビリをしたほうが良いのではないかとの見解でした。
ん~~やはりそうか。
早速このビデオを見ながら家族会議!
後日かかりつけの病院へ相談に行きました。
精密なレントゲンを撮りたいとのことで麻酔のような意識がもうろうとする薬を打ってのレントゲンとなるので改めて予約をして数時間お預けすることになりました。
[PR]
by Alextamazoo | 2017-07-30 22:46 | アレク ヘルス

膝蓋骨内方脱臼 かかりつけでの受診

ご無沙汰しています^^、
病気の記事から更新が途絶えてしまい
ご心配下さってメールをくださった方、何度もブログを訪問して心配して下さった方
ありがとうございます。

昨年末からいろんなことがあり我が家バタバタ続きでした(/_;)
アレクのお膝の事も本当は細かく記録に残しておこうと思っていたのですが
なかなかPCに向かう時間が取れずもう半年が経ってしまいました^^;

結果から申し上げると
手術はせずに今は様子を見ている状態です。

かかりつけの先生は手術だけが治療法ではないとのことでした。
少しホッとはしたもののなかなか良くならないアレクの様子に家族みんなやっぱり手術をしたほうがいいんじゃないかと何度も悩みました。
この病気の事で今までいろいろな先生にお話を伺いましたが
本当に先生それぞれお考えが違うのだなと改めて認識しました。
何がいいかどうしたら良いかはやはり最終的には飼い主が判断して決めなければいけないこと。
よく考えて判断したいと思っています。

最初の一か月はプレビコックスと言う消炎鎮痛剤とサプリメントのコンドロフレックスを服用しました。
一か月を過ぎて少し良くはなってるかなと思うもののやはり時折足をあげます。
消炎鎮痛剤は2日に1錠に減り再び安静。
e0227996_22575062.jpg

三か月後からはサプリのみとなりました。
三か月過ぎたころからは足を上げる頻度はかなり減り
このまま治ってくれるのかな~と思ったのですが少しのお散歩が解禁になり
お散歩へ行くと帰るころには足を上げるようになります。
安静でお散歩行けなかったので筋力もだいぶ落ちてしまい体重は増加の一方。
一進一退の状態が続いているのが現状です。
なんとかこの状況を打破出来ないかと思い
来週ハイドロセラピーを受けてみようかと思い予約をしました。
ハイドロセラピーは、水の浮力、抵抗力、粘性といった物理的特性から、さまざまな効果や改善が期待できるそうで水中での運動は高い負荷がかかるため、陸上に比べておよそ4~8倍の運動をしたことになると言われていて運動量は、筋力強化にもつながるうえ、ダイエットにも大きな効果が見込めるらしいのです。
これだけ効くと私も受けたほうがいいのかしらと思うほどです(笑)

まずは出来ることを少しづつやって様子をみようかなと思っています。

そして当のアレクさんはすこぶる元気!
相変わらずの暴君ぶりで時折足を上げるほかは以前のアレクと変わりはありません。

またハイドロセラピーの様子や病院での経過をご報告させて頂きたいと思います。
[PR]
by Alextamazoo | 2017-06-05 22:43 | アレク ヘルス

膝蓋骨内方脱臼 救急外来での受診

だんなさんが昨年の11月からずっと忙しくてお休みがなくアレクとも遊んであげられなかったので
1月の連休最後はアレクが大好きなドッグランへ行って来ました。
前日からの雨でコンディションが悪いせいか小型犬エリアはアレクひとり(๑╯ﻌ╰๑)
でも久々のドッグランに嬉しそうに走り回り興奮気味にケリケリしてました♪
e0227996_23465694.jpg

するとお隣の中型・大型犬エリアのワンちゃんたちが♡
e0227996_2348253.jpg
一緒に遊びたくてク~ンク~ン♡寂しそうに眺めていました。
e0227996_23502014.jpg
しばらくすると10か月のトイプーちゃんがやって来てアレク嬉しそうにお出迎え♡
e0227996_2351511.jpg
しばし追いかけっこが続きましたが
e0227996_2352411.jpg
距離は一向に縮まらず必死に追いかける姿が可愛いかったです(笑)
e0227996_23525223.jpg
でも笑っていられたのもここまでで
アレク追いかけすぎて右後ろ脚がびっこに( ;∀;)
すぐに止めに入ったのですが追いかけるのをなかなか止めず必死に追いかけまわすので
無理やり抱っこしてドッグランを後にしました。

アレクは時々外れることがありそのたびに病院で診てもらうのですが
ほとんど病院へいくまでに元に戻ることが多かったのです。
ただ今回はびっこの引き方が違うのとだんなさん曰く、触った感じがいつもと違うと言うので
心配になり休日と言う事もあってかかりつけではなく
24時間間やっている病院へ診て頂くことにしました。

こちらの24時間診療をしている病院は
かかりつけがお休みの時や夜間など緊急時にいつも伺っている病院です。
小さな事でも心配性の私にはやはり先生に診て頂き
大丈夫と言われないと安心出来ないのです(^^;;
ただかかりつけと違って同じ先生が毎回診て頂く訳ではないので
やはりかかりつけには出来ないかなと思っています。
そして以前にも膝蓋骨内側脱臼でも診て頂いたことがあります。
こちらではその度に手術対象だと言われ手術を薦められて来ました。
今回も先生が違うので改めて現状でのレントゲンを撮り
他に原因はないか丁寧に診て下さいました。
そして診断は同じく手術を勧められました(涙)
痛み止めの薬を頂き3、4日様子をみて変わらないようだったら
手術の相談を含め来院するように言われました。
さすがに今回は手術を考えないといけない時期かなと悩み
ネットでいろいろ調べたりもしました。
ただやはり手術をするにしてもかかりつけで相談した上で判断したいと思い
翌日にかかりつけに電話で連絡し3日後の木曜日に診て頂く事になりました。

幸いにもこの3日間アレクは痛がる様子はなくびっこやけんけんをしながらも
おやつをねだったりぬいぐるみで遊ぼうと誘って来たりおさんぽ催促したりと
びっこ以外はいつもと全く変わらない様子でした。

後日続きます。
[PR]
by Alextamazoo | 2017-01-17 23:48 | アレク ヘルス

春の健康診断2016

今更ですが記録のため春の健康診断2016です。
アレクはフィラリアの陽性検査をする際に血液検査を一緒に受けます。
フィラリア検査は今年も陰性!(結果を待つまでドキドキタイムです)
そして後日送られてくる血液検査。
昨年は問題なしだったのですが・・・
e0227996_0412295.jpg

肝機能のGPTが高め(/_;)再検査となりました。
今までのと比較してもGPTが高くなりやすいようです。
e0227996_043133.jpg

これもおやつが原因だそうで再検査までおやつ禁止令が出てしまいました(涙)
アレルギー発覚後は手作りの豚ジャーキーまぐろジャーキー鮭ジャーキーに加え
市販の3種類をあげていたのですが
先生曰く添加物や栄養素などを考えて
市販の2種はは禁止に( ;∀;)
これを実行して再検査で数値が戻っていれば原因がおやつということに
戻っていなければこの2種以外が原因でおやつ復活です(笑)
e0227996_0484556.jpg

結果は
e0227996_052339.jpg
見事正常値に。
よってこのまま市販の2種は永久禁止に^^;
アレクさんにとってはおやつが減って残念な結果ですが健康のためなので心を鬼にしないとね!
e0227996_0581471.jpg
元気が一番!
e0227996_0582419.jpg

[PR]
by Alextamazoo | 2016-08-20 00:56 | アレク ヘルス


インスタグラム始めましたhttp://instagram.com/areku2010


by Alextamazoo

画像一覧

カテゴリ

全体
今日のアレク
アレク グッズ
アレク カフェ
アレク ドッグラン
アレク トラベラー
アレク デイトリップ
アレク トレッキング
アレク トリミング
アレク デート
アレク レッスン
アレク フード&デザート
アレク バースデー
アレク ヘルス
アレク トラブル
アレク EOS M
アレサップ
アレク ハロウィン
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

最新のトラックバック

【番外編】おすすめ!!箱..
from 横浜ブログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

Happy Hallowee..
at 2018-11-11 02:14
 アレクの夏休み2018 ②..
at 2018-11-04 23:55
アレクの夏休み2018♩① ..
at 2018-10-30 01:21
ワンコとSUP~本栖湖~
at 2018-09-23 22:11
SUP始めました♩
at 2018-08-29 23:37

フォロー中のブログ

レオ・ブック
さくらおばちゃんの趣味悠遊
トイプードルレオの成長記録
トイプードル サリーのお...
トイプードル☆まりあの日記

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬

画像一覧